手作り絵本の印刷ならえほんクル! 子供の年齢別!おすすめの本の選び方

年齢が上がるにつれて、子供に適した絵本の種類は変わってきます。例えば、ストーリーが理解できない0~1歳にはシンプルだけどカラフルだったりしかけがあったりする絵本、まだ集中できる時間が短い2歳には短くてわかりやすいストーリーの絵本、理解力や集中力が伸びてくる3歳には、子供が興味を持った絵本を選んであげるとよいでしょう。

この記事では、手作り絵本を印刷してあげたいと考えている人に向けて、年齢別でおすすめの本や親子のコミュケーション方法を詳しくご紹介します。

子供の年齢別!おすすめの本の選び方

絵本のイラスト

子供の年齢別にどのような手作り絵本がおすすめなのかを簡単にご説明します。

0~1歳

この時期の子供は、ストーリーを理解することが難しいでしょう。絵がシンプルでカラフルなものに興味を持ちますので、そういう絵本を選ぶようにしましょう。しかけがついていると、自分で動かせるので楽しいと感じ、本に興味を持ってくれます。

2歳

この頃から、徐々にストーリーがわかるようになってきます。しかし、まだ長い話を最後まで聞いていられる集中力はありません。そのため、わかりやすくて短いストーリーの手作り絵本がおすすめです。

3歳

2歳よりも理解力や集中力が育まれ、本格的にストーリーがわかるようになります。子供が興味を持ったものを選んであげると、お気に入りの1冊になるでしょう。この時期は、子供の成長に合わせてあげることをおすすめします。

絵本を読むことは、子供の発想力や想像力を鍛えることにもつながります。将来、お子さんが論文を書く際の文章力を鍛えることもできるので、小さいうちから読み聞かせをはじめることはとても大切です。

えほんクルでしたら、絵が描けなくてもストーリーを考えるだけで、世界に1つだけの手作り絵本を印刷・製本できます。手作り絵本の印刷なら、えほんクルまでご相談ください。

子供と一緒に楽しむ!手作り絵本で親子のコミュニケーション

親子で絵本を見ている

親子のコミュニケーションとして、絵本を読む方も多いでしょう。しかし、子供が何度も同じ本を持ってくると、嫌な顔をしてしまうことはありませんか?

そうした場合は、親子で絵本の話を変えて遊ぶというのがおすすめです。絵本には、話の内容の一部を切り取った絵が描かれています。そのため、話の内容が少し変わってもそれほどおかしな展開にはなりません。

その日の気分や、その日あった出来事などを話の中に追加して、オリジナルの文章を作ってみましょう。

絵本のストーリーをそのまま読むのではなく、登場人物を子供の名前に置き換えたり、動物が出てきたらペットの名前に置き換えたりしても良いです。

えほんクルでは、オリジナリティあふれる絵本が簡単に作成できます。子供を主人公にした絵本などを作って子供にプレゼントすれば、思い出の1冊になることでしょう。アプリを使っての製作も可能ですので、ぜひご活用ください。

子供の発想を最大限に!子供と手作り絵本のストーリーを考えよう

手作り絵本の本文を考えるときに、一番大切なのが絵本のストーリーです。どんなストーリーにしようか悩んだら、子供のアイデアを聞いてみましょう。

まずは主人公や登場人物を決め、ストーリーは冒険なのか、ファンタジーなのか、実際にあった話なのか考えます。その後、起承転結でまとめてストーリー仕立てにしていきましょう。

多少物語におかしいところがあっても、子供の自由な発想を大切にすることがポイントです。アイデアを活かしたおもしろい絵本に仕上がります。

えほんクルでは、手作り絵本の印刷・製本を承っております。絵本の加工、表紙やサイズなどわからないことは何でもご相談ください。

手作り絵本の印刷ならえほんクルにお任せ!

世界に1冊だけの絵本を子供と一緒に作ることは、なかなかできることではありません。

本文を考えるだけでなく、表紙はどうしようか、どんなイラストにしようか、加工はどうしようかなど一緒に取り組むことは、お子さんにとってもいい思い出になります。

えほんクルは、手作り絵本の印刷・製本のサポートを行います。ストーリーの内容に合わせてプロが描いたイラストを選ぶだけで、手作り絵本を制作することが可能です。1冊から制作・ご注文が可能ですので、ぜひご活用ください。

手作り絵本の印刷をお考えの方はえほんクルへ

会社名 株式会社アスタワン
代表取締役 久米 幹夫
住所 〒435-0042 静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1368-2
電話番号 053-488-4427
電子メールアドレス ehonkuru@gmail.com
URL https://ehonkuru.com/