印刷した自作絵本はプレゼントにおすすめ! 手作り絵本の魅力とは

子供の絵本を選ぶときには、ストーリーや作者、イラストのかわいさなどで判断することが多いでしょう。しかし、なかなかしっくりくる絵本が見つからないという場合は、絵本を手作りしてみることをおすすめします。用紙や冊子にこだわったり、オリジナルのストーリーを考えたりして、自作絵本ができあがるのはうれしいものです。

こちらでは、自作絵本を印刷して読み聞かせる際のコツや注意点をまとめました。プレゼントに自作絵本をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

印刷した自作絵本を子供にプレゼントするメリット

絵本を見ている子供

印刷した自作絵本を子供にプレゼントするメリットは、以下の通りです。

一生の宝物になる

誕生日や入園などのイベントにオリジナルストーリーで自作絵本を作れば、子供の思い出や記念になります。見返すだけでそのときのできごとや気持ちを思い出すことができ、一生の宝物になることから人気が高まっています。

絵本に興味を持つようになる

市販の絵本で興味を持たなかった子でも、自分を主人公にした絵本なら興味を持つ場合があります。男の子なら冒険をする話、女の子ならお姫様になる話がおすすめです。お子様を主人公にした絵本をプレゼントすれば、きっと興味を示してくれるでしょう。

えほんクルでは自作絵本の印刷を行っています。プレゼントとしてお子様を主人公にしたストーリーの絵本を作ってみませんか?えほんクルでは、ストーリーの内容に合わせてプロが描いたイラストを選ぶだけで、オリジナルの絵本を制作することが可能です。

子供に絵本の読み聞かせする際のコツ

読み聞かせのイラスト

子供に読み聞かせをする際のコツをご紹介します。

子供の想像力を高めるように読む

絵本は基本的に文字と絵からなります。映像が流れるアニメなどと違い、文章を聞いて自分で想像するという良さがあります。子供の想像力を高めるように、登場人物によって声色を変えて読んだり、セリフは感情をこめて読んだりするなど工夫すると、子供は興味を持って聞いてくれます。

親も楽しみながら読む

毎回同じ絵本を読んでいたら疲れてしまうかもしれませんが、親がつまらないと思いながら読むと子供にはその気持ちが伝わってしまいます。子供が喜ぶ顔を見たいと思って、楽しみながら読んであげるようにしましょう。

たまにセリフを自作したり、「これはどう思っているんだろうね?」など声かけをしながら読んだりすると子供も飽きずに楽しめます。

えほんクルではオリジナルストーリーの絵本が作れますので、市販の絵本では飽きてしまったお子様にもおすすめです。わからないことは何でもご相談ください。

子供に読み聞かせする際の注意点

絵本は感情を豊かにし、想像力や国語力を高めるといわれていますので、毎日でも熱心に読んであげたいと思う親御さんもいるかもしれません。

しかし、子供に読み聞かせの強要をするのはNGです。子供によっては疲れていたり、体調がよくなかったりすることがあります。そういうときにまで読み聞かせを強要してしまうと、絵本自体を嫌いになってしまう恐れがあるのです。

絵本は楽しいもの、自分の世界を広げてくれるものというイメージを壊さないためにも、読み聞かせの強要はしないようにしましょう。

えほんクルでは、データをもとに自作絵本を印刷しています。冊子もイラストも選べますので、自作絵本を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

子供のプレゼントに自作絵本はおすすめ!印刷・製本はえほんクルにお任せ

世界に1冊だけのオリジナル自作絵本があれば、毎日の読み聞かせにも変化をつけられます。オリジナルストーリーを考えるのも楽しいですし、イラストや用紙、冊子を選ぶのもよい経験になります。

えほんクルでは貴重な自作絵本をリーズナブルな価格で印刷可能です。子供の成長の記念に作ったり、おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントしたりと、いろいろな楽しみ方があります。絵本のデータ制作までは無料でご利用いただけますので、ぜひ一度お試しください。

自作絵本の印刷をお考えの方はえほんクルへ

会社名 株式会社アスタワン
代表取締役 久米 幹夫
住所 〒435-0042 静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1368-2
電話番号 053-488-4427
電子メールアドレス ehonkuru@gmail.com
URL https://ehonkuru.com/