年齢に合わせて読み聞かせを工夫しよう!

子どもは絵本の読み聞かせが大好きです。せっかく読み聞かせるなら、子どもの年齢に合わせた工夫をしてみませんか?

こちらでは、0~6歳までの子どもが絵本をさらに楽しむことができるよう、年齢別の読み聞かせ方法をご紹介します。オリジナル絵本の制作ツールはえほんクルをご利用ください。

年齢別読み聞かせ

年齢別読み聞かせ

絵本の読み聞かせは、子どもの年齢に合わせた工夫が大切です。

0~1歳

0~1歳の子どもは、まだ視力も弱くイラストを十分に楽しむことはできません。

しかし、語り掛ける言葉にはしっかりと耳を傾けています。この時期に触れる言葉は、子どもが言葉を覚える土台になりますので、優しくゆっくりと読んであげましょう。

1~2歳

1~2歳の子どもは、あらゆるものに興味を持ちます。

絵本も内容だけでなく、ページをめくったりかじったりと、「モノ」としての絵本に興味津々です。絵本を順番に最後まで読むのではなく、子どもがその時に気になったことを一緒に楽しむつもりで読み聞かせるのがおすすめです。

2~3歳

2~3歳の子どもは、お気に入りの絵本ができるようになり、同じ絵本を何度も読んで欲しいとせがんできます。

子どもの要望に合わせて繰り返し読み聞かせてあげましょう。絵本の内容は、音楽を題材とした作品やオノマトペがたくさん出てくる作品がおすすめです。そういった絵本であれば、一緒に声に出して読んだりリズムに乗って体を動かしたりしながら楽しむことができます。

3~5歳

3~5歳の子どもは、絵本のストーリーを理解して楽しめるようになります。

新しい本にもどんどん興味を持つため、気になった本はできるだけ全部読み聞かせてあげましょう。また、このくらいの年齢になると想像力が発達するので、絵本のストーリーに集中できるように抑揚をつけすぎず淡々と読み進めてください。

6歳~

6歳になると言葉の理解力が高まっているため、絵が少ない本にも挑戦すると良いでしょう。

集中できる時間も長くなってくるので、少し長いお話も聞けるようになってきます。読み聞かせをする際は、引き続き淡々と読み進めるのがおすすめです。

子どもは絵本が大好き!さらに楽しむための環境づくり

子どもは絵本が大好き!さらに楽しむための環境づくり

子どもがさらに絵本を楽しむためには、絵本をより身近に感じる環境を整えてあげることが大切です。ご自宅でたくさんの絵本を揃えることが難しくても、図書館や児童館などには絵本がたくさん用意されていますので、上手に活用しましょう。

また、信頼できる保護者や先生が近くにいることで、子どもは安心して絵本の世界に浸ることができます。大人も一緒に絵本の世界を楽しみましょう。

オリジナル絵本の制作ツールをお探しなら、えほんクルにお任せください。えほんクルでは、ウェブ上で簡単に編集作業を行うことができるだけでなく、プレビューも自由自在です。大切な方への贈り物から出版を目指した製本まで、あらゆるニーズに合わせて印刷依頼ができます。

必要な情報を登録してストーリーを考えるだけで、初心者の方でも簡単にオリジナル絵本が制作できますので、ぜひ制作ツールえほんクルをお試しください。

オリジナル絵本の制作ツールで世界に一つだけの絵本を

販売業者名 株式会社アスタワン
代表取締役 久米 幹夫
住所 〒435-0042 静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1368-2
電話番号 053-488-4427
電子メールアドレス ehonkuru@gmail.com
URL https://ehonkuru.com/