絵本の自作アプリをお探しならえほんクル!読んでもらえる絵本って?

絵本は作るだけでなく、たくさんの人に読んでもらうことが大切です。多くの人が読んでくれる絵本には、どんな要素が求められているのでしょうか。

ここでは読んでもらえる絵本について、お母さんと子どもそれぞれの視点から考えます。

読んでもらえる絵本とは?

読んでもらえる絵本とは?

絵本は選ぶ人によって好みが大きく分かれます。読んでもらえる絵本は、「誰に」「何を」「どのように」伝えたいかが明確です。

また、絵本を構成する「絵」と「文章」も重要なポイントです。あまりにも文章が多い絵本だと気軽に読めませんし、落ち着いた物語なのに荒々しいタッチのイラストだと大きな違和感を与えてしまうことになります。

読んでもらえる絵本を作るためには、メッセージ・絵・文章をバランスよく整えることが大切なのです。

絵本を選ぶ!お母さんが好む絵本

絵本を選ぶ!お母さんが好む絵本

お母さんは「子どもの成長に役立つかどうか」「子どもの将来に活かせるかどうか」といった、将来を見据えた視点から絵本を選ぶ傾向があります。そのため、幼い頃から楽しく知育や学習に取り組める絵本は人気があります。

また、「思いやりを持った子に育ってほしい」「色々なことに好奇心を持って取り組める子になってほしい」など、お母さんが子どもに伝えたいメッセージは物語を通して感じてもらうことも、絵本を選ぶ目的となっています。

何度も読みたくなる!子どもが好む絵本

子どもが読みたくなる絵本の特徴としては「繰り返し」が多いことが挙げられます。子どもたちは新しいことに挑戦したい気持ちもありますが、あまりにも新しいものばかりだと「怖い」という気持ちも生まれてしまいます。

何度も同じパターンが繰り返される絵本は、子どもたちにとって安心感を抱きながら楽しむことができ、その中でも前と異なった新しいパターンを発見することが喜びとなるのです。また、子どもは同じ絵本を何度も読んで欲しがりますが、これも安心感をベースに新しい部分を発見しようとする試みと言えるでしょう。

絵本の自作アプリをお探しなら、オリジナル絵本製作サービスを提供するえほんクルをお試しください。

えほんクルでは、絵を描くのが苦手な方でも、2,500点以上の用意されたイラストを組み合わせてオリジナル絵本を製作することができます。ウェブ上での編集作業は無料でご利用いただけますので、ぜひお試しください。

絵本の自作アプリをお探しなら

販売業者名 株式会社アスタワン
代表取締役 久米 幹夫
住所 〒435-0042 静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1368-2
電話番号 053-488-4427
電子メールアドレス ehonkuru@gmail.com
URL https://ehonkuru.com/