自作絵本の印刷・製本ならえほんクル!ハードカバーの本格絵本が作れる ミシン綴じなど綴じ方の種類

自作絵本を印刷する前に、まずは製本の仕方、ハードカバーやソフトカバーなどの表紙の種類、ミシン綴じなどの綴じ方についてしっかりと勉強しておきましょう。自作絵本の印刷・製本を依頼するならえほんクルへ。ミシン綴じでしっかりと製本しますので、店頭に並ぶ絵本とほとんど変わらない仕上がりとなるのが特徴です。

自作絵本の基礎知識〜本の各部の呼び方〜

たくさんの絵本

自作絵本を印刷するにあたって、知っておきたいのが本の各部の名称です。早速チェックしていきましょう。

本の各部の呼び方

本には表紙、裏表紙のほか、さまざまな部分に名前がついています。

  • 天:本の上側
  • 地:本の下側
  • 小口:本を開く側
  • 背:本の閉じた側
  • のど:本の閉じた側の内側
  • 見返し:表紙・裏表紙と本文をつなぐ役割をする紙
  • 扉:本を開いたところにあるタイトルページ
  • 奥付:本の一番後ろにある、発行所や定価などが書かれているページ

自作絵本の基礎知識〜表紙の種類〜

表紙の種類は、ハードカバーとソフトカバーの2種類があります。

ハードカバー

一般的な絵本によく見られる製本の方法で、厚紙で包んである表紙のことです。本文とは別々に印刷し、見返し紙という紙を使って表紙と本文を接着して製本します。

小さい子どもが雑に扱っても壊れにくく、丈夫なのが特徴です。耐久性に優れていますが、印刷・製本の費用は高くなります。また、ある程度のページ数がないと作れないというデメリットがあります。

ソフトカバー

月刊雑誌などによく見られる製本の方法です。表紙には本文と比べて少し厚手の紙を使います。特殊な接着剤、糸、ステープラーなどを使って綴じます。印刷費用はハードカバーに比べて安いです。

プロのイラストレーターの絵を使用した、ハードカバーの素敵な絵本を印刷したいなら、えほんクルへ。ストーリーを考えれば、あとはイラストを選ぶだけで思い出に残る自作絵本ができます。冊子はハードカバーのミシン綴じで見栄えよく仕上がります。

自作絵本の基礎知識〜表紙の加工など〜

案内する女性

自作絵本印刷の基礎知識として知っておきたい、表紙の加工についてご紹介します。

表紙の加工

表紙の加工には、「光沢PPコート」と「マット加工」があります。光沢PPコートは、光沢のある表紙で、汚れてもアルコールがついた布で拭くと綺麗になります。マット加工は、つや消し加工された表紙で、上品な印象になりますが傷がつきやすいというデメリットがあります。

綴じ方

無線綴じは、特殊な接着剤を用いて本文を綴じる方法です。簡易的な綴じ方なので、お子様が扱う絵本には不向きです。ミシン綴じは、ミシン糸で綴じる方法です。バラバラになりにくいので、お子様用の絵本として適しています。

本文の用紙

本文の用紙にも種類があり、「コート135kg」「マットコート135kg」「HS画王86kg」という種類があります。メーカーによって扱う紙が違うので、どの用紙を取り扱っているか確認しましょう。

えほんクルでは、お子様と一緒にハードカバー・ミシン綴じの自作絵本を作れます。記念日に、思い出に残る絵本を作ってみませんか?詳しいことは、ぜひお問い合わせください。

自作絵本の印刷・製本ならえほんクルにお任せ!ハードカバー・ミシン綴じの絵本をお届け

世界に1冊だけのオリジナル自作絵本が欲しいという方は、ストーリーを考える前に冊子の加工や表紙の種類、綴じ方なども把握しておくと安心です。

えほんクルでは、たくさんのデータからイラストを選んでオリジナルの自作絵本を製本・印刷することが可能です。ミシン綴じ、ハードカバーの本格的な絵本ですので、店頭に並んでいる絵本と遜色がない仕上がりになります。

自作絵本の印刷のご依頼はえほんクルへ

会社名 株式会社アスタワン
代表取締役 久米 幹夫
住所 〒435-0042 静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1368-2
電話番号 053-488-4427
電子メールアドレス ehonkuru@gmail.com
URL https://ehonkuru.com/